特集1:実際に試したルテインサプリで私の実感度第1位は「さくらの森 めなり」

ルテインとアントシアニン、摂取するならどっち?

 

ブルーベリーサプリを飲んでいるから、ルテインは必要無い?
ブルーベリーサプリさえ飲んでおけば良いんじゃないの?

なんて、思っていませんか。
ルテインとアントシアニン、どちらも目に良い成分としておなじみですよね。
でも実は、ルテインとアントシアニン、それぞれ役割が全く異なるのです。

 

アントシアニンの特徴

 

 

ブルーベリーやビルベリーに含まれるアントシアニンにはロドプシンと呼ばれるタンパク質の再合成を促進する働きがあります。
目から光が入るとロドプシンは分解されて、脳に光情報を伝達するそうです。
つまり、私たちはロドプシンによって、目から入った情報を認識することができると言えます。
このロドプシンは加齢や目を酷使することで減少してしまうとのこと。
パソコン作業やスマホのしすぎで目がしょぼしょぼしたり、夕方になると目がかすんで見えにくいという経験がある人も多いのではないでしょうか。
これは、ロドプシンが減少して「見る」能力が低下してしまった証拠なのだとか。

 

ルテインの特徴

 

 

一方、ルテインは天然のサングラスとも呼ばれており、網膜を有害な光から守る働きがあります。
紫外線やブルーライトなどの光は、眼球内で活性酸素を発生させて、様々な眼病を引き起こす原因となるそうです。
ルテインには高い抗酸化力があり、眼球内の活性酸素を除去する働きがあるのだとか。
また、ルテインは目の水晶体内で、ブルーライトを遮断・吸収するチカラを持っていると言われています。
ルテインはもともと人間の体内に存在する成分ですが、加齢と共に減少し、体内で合成することができません。
加齢黄斑変性症や白内障などの眼病は年齢と共にルテインが減少することが原因ではないかと言われています。

 

ルテインとアントシアニンを使い分ける

 ルテイン:スマホやパソコンなどで目を酷使することが多く、将来の目の健康が気になる。
 アントシアニン:眼精疲労や視力の低下が気になる。

気になる症状に応じて摂取する成分を分けると良さそうです。

 

 

目に良いだけじゃないルテインのスゴイ効果

目の紫外線対策にルテインは必要不可欠

 

 

女性なら紫外線からお肌を守るために、日焼け止めを塗ったり、日傘を差して完全防備している人も多いのではないでしょうか。
だけど、意外と忘れがちなのが目の紫外線対策
目から入った紫外線はメラニン色素を活性化させて、シミやそばかすを増やしてしまうんだそうです。
これでは、一生懸命お肌に日焼け止めを塗っても効果は半減。
日中に屋外で過ごす場合にはサングラスで目を保護すると同時に、目を紫外線から守ってくれるルテインが効果的なのだとか。

 

毛髪の悩みにもルテインは効果的

 

 

また、男性のみならず女性にとっても悩みのタネとなるのが白髪、抜け毛、薄毛といった毛髪のダメージ。
この髪の悩みにも目が深く関係しているって知っていましたか。
パソコンやスマホから発せられるブルーライト。
ブルーライトは大変波長が長く、網膜にダメージを与えると言われています。
この網膜のダメージを修復する際に消費されるのがシステインと呼ばれるアミノ酸。
そして、髪の毛を構成するケラチンの主要成分がこのシステイン。
そのため、目のダメージ回復にシステインが消耗されると、髪の毛に栄養が回らなくなってしまうんです。

 

美容面でもルテインは有効的

 

 

また、システインはメラニン色素の生成を抑制したり、二日酔いを防いでくれる優れもの。
無防備にパソコンやスマホの光を浴びることは、紫外線を浴びる以上に美容へのダメージが大きいと言っても過言ではないかもしれません。
ルテインを摂取することで、日頃から有害な光から目を守ることは、目の健康だけでなく美容面においても、とても有意義なことなんです。

 

 

ルテインの効果を最大限に引き出す黄金バランスとは?

ルテインの目安摂取量は?

 

 

ルテインの1日あたりの摂取推奨量は6mg以上
ルテインはカロテノイドと呼ばれる色素の一種。
ほうれん草やにんじんなどの緑黄色野菜に豊富に含まれています。
野菜に換算すると、ほうれん草で約4株、にんじんだと13本に相当する量だそうです。
野菜ジュースに頼ってもさすがに実現不可能な量ではないでしょうか。

 

ルテインには2種類ある

 

 

ルテインを効率良く摂取するには、サプリを活用するのが最も効率的です。
ルテインサプリを選ぶ際に注意したいのは、その種類。
ルテインにはフリー体とエステル体の2種類があります。
フリー体は体内で存在するルテインと同じ形に精製された状態のルテイン
一方、エステル体はフリー体に脂肪酸が結合したルテインとなっており、一旦体内で脂肪酸を分離しなくてはいけません。
そのため、吸収率の面でフリー体よりも劣ると言われています。
しかし、エステル体は吸収に時間がかかる分、血中残存時間がフリー体よりも長いといったメリットもあるようです。

 

ルテイン+ゼアキサンチンがより効果的

 

 

また、ルテインと一緒に摂取することで、さらにその効果を高めると言われているのがゼアキサンチン
アメリカの研究では、ルテインとゼアキサンチンを併せて摂取することで、黄斑変性症のリスクが低減されるというデータもあるのだとか。
このルテインとゼアキサンチン、5:1の割合で摂取した際にその効果が最も高まるとされています。
ルテインサプリを選ぶ際には、配合成分だけでなく、その配合量やその他に配合されている成分にも注目して選ぶと良いかもしれません。

 

ルテイン+アントシアニンもおすすめ

 

 

ゼアキサンチンの他にも、ルテインと一緒に摂取したいのがアントシアニンです。
アントシアニンには、体内に吸収されたルテインを目まで送り届けるという役割があります。
せっかく、体内に摂り込んだルテインも、目で働いてくれなければ意味がありません。

 

 

目的別で選ぶおすすめルテインサプリ

ルテインサプリを選ぶ際は以下の3点に注目して選ぶと良いでしょう。

 ルテインの配合量が6mg以上
 ルテインをサポートする成分も配合
 ルテインとゼアキサンチンの配合量の割合が5:1

 

 

配合成分の多さで選ぶなら「さくらの森 めなり」の特徴

さくらの森のめなりはルテインとゼアキサンチンがそれぞれ12mg、2.4mgと黄金比率5:1で配合されたサプリです。
さらにビルベリーエキスが170mgに加え、アスタキサンチンやクロセチンなどとても贅沢な処方。
1種類に目に必要な成分がギュッと凝縮された、オールインワンアイケアサプリ。
ふだんから目を酷使する人はもちろん、将来の目の健康が心配な人にも最適なサプリです。
特別モニター毎月お届けコースなら初回は77%OFFの907円とリーズナブルなお値段も魅力です。

価格 907円(税別)
返金保証 有り(15日間)
評価 評価5
 

配合成分のバランスにこだわるなら「ダイドーヘルスケア クリアアイ」の特徴

ダイドーヘルスケアのクリアアイはルテイン10mg、ゼアキサンチン2mgを配合した機能性表示食品です。
ルテインとゼアキサンチンが黄金比率といわれる、5:1の割合で配合されています。
さらにビルベリー果実抽出エキス、DHA含有生成魚油、ビタミン群を配合。
視界がぼやける、輪郭が把握しづらいといった目のコントラスト感度低下の悩みに最適なサプリです。
WEB限定定期コースが初回64%割引の972円、2回目以降も10%OFFで購入可能。

価格 972円(税込)
返金保証 無し
評価 評価4.5
 

ルテインの配合量で選ぶなら「やわた めばえ」の特徴

やわたのめばえは1日の摂取目安量1粒に20mgのルテインを配合したサプリ。
さらに、ゼアキサンチン・アスタキサンチンも配合されています。
また、リコピンやイチョウ葉、ビタミンEといった成分も含まれているのも大きな特徴。
パソコンやスマホを日ごろから多く使用している人にピッタリのサプリです。
らくらく定期便なら、1袋当たり5%OFFの1,642円で購入可能。

価格 1,642円(税込)
返金保証 有り(3ヶ月間)
評価 評価4